ホーム > 大西洋の休日↓ブログ↓ > こだわりのタックルボックス

こだわりのタックルボックス

box

メガバス トレジャーボックス

今回はルアーフィッシングに使用するルアー(疑似餌)等を収納するタックルボックス(道具箱?)を紹介いたします!

このメガバス製のタックルボックスたかが道具箱ですがされど!の道具箱なのです。まずは二段式トレーのみのシンプル構造は自分が20年前?に使用していたルアーフィッシング創世記のあこがれのタックルボックスと同じレイアウト構造であり、シンプルイズベストな所は一番のお気に入りな所です!が細部の所々に現代におけるこだわりの造りこみを感じさせる逸品なのです。

まずは素材の違い 眉をひそめる 昔は鉄もしくはプラスティックでしたが鉄は錆びる欠点がありプラスティックは割れる欠点があります、錆びず割れない素材、そして持ち運びする為に軽い素材としてアルミニュウムが外板、トレーに、強度を考えてか?二重に使われています。

そして一番関心した所が蝶番(ちょうつがい)や外板の併せ部分に使われているビス(ボルト&ナット類)です!量販品の場合コスト面からして間違いなく鉄のビスを使うのですがこのトレジャーボックスはSUS304(多分)いわゆるステンレスのビスを使用してます!おまけにボタンCAPというビスの頭が六角穴のプラスドライバーでは外せない特殊?なビスなのです!(普通の鉄ビスの100倍位高価です)。 多分。                                                                                                                                                

bisu                                                                  

   その他トレー内の仕切り板もアルミ製でその仕切り板を押さえる仕切り溝もアルミ二重構造を利用して切押し形状の為取れたり壊れることの無い様設計されており職人による手作りにも匹敵する造り込みです。 驚く                                                                                                                                                  

 

box   

今はこのトレジャーボックスにルアーを満載にしてメガバシスト成田氏率いるルアーガイド船トップガンさんへ度々ハード?な釣行をしていますがこのトレジャーボックスは海水(塩水)を浴びても、不意な足蹴りにも破損、劣化することなくその秀逸な機能を発揮してくれています。

今までタックルボックスと言うと安くてもいいか!と思いがちでしたが’安物買いの銭失い’をしない様本物の良い物を、丈夫で長く使える物ってこう言う物なんだな〜と思う今日この頃です。     店長鈴木             

笑う   メガバスhttp://www.megabass.co.jp/product_detail.php?keyid=287&item1=9

メニュー